自分でVラインの脱毛をすると、カミソリまけをしてしまう時がよくあります。肌がただれてしまったり、肌が痛くなったりするような、辛い肌のトラブルがおこることも時々あります。特にVライン周辺は、肌がとても敏感なので、カミソリまけしてしまった後のスキンケアがとても大事です。

PH132_082Vラインの処理を自宅で自己処理して、カミソリまけをしてしまったら、次にVラインの脱毛をするまで、少し時間をおくようにしましょう。肌のブツブツしているところを、再びカミソリでそろうとすると、肌に傷がついてしまって、化膿してしまう場合があります。Vライン周辺の肌を少し休ませるために、最低2,3日は脱毛しないようにしましょう。

Vライン周辺がかゆくなってしまった場合は、その部分を絶対かかないようにしましょう。ブツブツしている部分を爪などで強くかいてしまうと、皮膚が化膿してしまったり、傷が出来て出血してしまったりすることがあります。なるべく、肌が敏感になってしまっている場所を触らないようにしてください。そして、すぐかゆみ止めを塗るようにしましょう。かゆみ止めは、入浴後にすぐ塗るようにしましょう。汗をかいてしまうと、また肌がかゆくなりやすいので、入浴後にすぐかゆみ止めを塗るのがポイントです。最低一日一回塗るようにしましょう。肌のほてりを和らげるには、アロエ入りのローションなども効果的なので、あまり手に力を入れず、ただれている場所に優しくローションを塗るようにしましょう。

頬や鼻下、もみあげのムダ毛、ちゃんとチェックしていますか?

すごくひと目に触れる部分なのに、ムダ毛処理が行き届いてないのが顔です。もちろんデリケートな部分なので、ちゃんとした処理をしないとかえってお肌を傷つけてしまいます。だからこそ、プロにお任せすることが大事です。顔脱毛するならぜひチェックしてみてください。お得なキャンペーン情報も載っているので、いきなり脱毛はちょっと…なんて人でも気軽に顔脱毛が始められちゃいます♪

自己処理が難しい箇所ハイジニーナはプロの脱毛が一番

今、本当に多くなったのがハイジニーナ脱毛です。
数年前までは、抵抗があって中々脱毛サロンでやってもらえず自己処理をしていたのですが、
一昔前はワキ脱毛が定番でしたが今はハイジニーナ脱毛がサロンでも主流になっているほど多くの人がやっています。

脱毛サロン側もVIOを入れ込んだキャンペーンをやっているところもあり、お得に出来るようになったのも嬉しいです。

自己処理では、自分で見えにくい箇所でもあるので、腕やひざ下をするのとは訳が違い難しいです。
皮膚自体も薄い部分ですので、とてもデリケートなので、自己処理ではトラブルを起こす事も多い箇所と言えますよね。

自己処理後で一番多いトラブルは、かゆみ・痛み・色素沈着・黒ずみ・肌荒れなどではないでしょうか。
一度黒ずんでしまうと取れず、ムダ毛よりも悩みになったりします。

でも、脱毛サロンでやるには恥ずかしいかなと思っている人も居て中々踏み出せないで居る方にも大丈夫です。
きちんと、紙のような使い捨てのショーツを履きます。

また、時間にして数分という短時間で終わってしまいますので恥ずかしいと思っている間に終わってしまう感じです。
形なども相談しながら普段履くショーツの形なども考慮して決めますので、失敗しないため大事な事ですよね。
脱毛をしてしまうと生えてきませんから、始めにきちんと決めるのが重要です。

そして、肌トラブルも無くなり、ムダ毛も生えてこなくなり、自身でやる手間も省け、プロに任せるのが一番と実感しています。

あこがれのツルツルお肌

HT132_350A毎年夏はスネ毛との格闘だった。
サボるとすぐジョリジョリになってしまうんだもの。
子どもを風呂に入れると
「お母さんの足がチクチクする!」
と怒られることもしばしば・・・

もうこうなったら脱毛しかない。
そこで私は「Jエステティック」の扉を叩いた。
ワキとヒザ、ヒザ下の3つをお願いする事に。

ヒザ下は長年のカミソリと毛抜きで抜いたダメージがあった。
埋もれ毛に肌の黒ずみ。
でも、スタッフさんに「大乗ですよ。すぐにツルツルになりますから」と言って頂いた。
もう、それは天使のお声でしょうか。

脱毛は早いし痛くない。
冷却するのが冬は寒くてちょっとした拷問でしたが。
効果は抜群で、ちょっと毛を伸ばしてみるとすぐわかります。
本当にするっと抜けるんです。
この快感、やってよかったと思いますよ。

そして、お肌のケアもとってもよく教えてくれます。
足にもワキにもボディクリームなどで、しっかり保湿すると、効果は倍以上に上がるとか。
水分が足りないと抜けにくいとか。
私が行っている場所は勧誘もあまりないので、市販のボディクリームで毎日保湿。

この効果でしょうか、本当にお肌がツルツル。
毛も目立たなくなって、産毛が多少あるかな?ってくらい。

ここでの美意識の改革のおかげで、女子力が上がったと実感。
私はひざ下の脱毛サロンへ行って本当に良かった。

ワキ毛処理とワキガの関係とは

HT134_350Aワキ毛の処理はエチケットとして欠かせません。しかし、ワキ毛は毛質もしっかりで、処理の効果を出すのも一苦労な部分でもあります。こまめに処理をすることが重要になりますが、処理を頻繁にすると、今度は肌への影響も気になります。
ワキ毛処理にはいろいろな方法があります。剃刀やシェイバーで剃る、脱毛器で毛根からダメージを与える、脱毛の薬剤を利用するなど、多くの方法から選ぶことができます。しかし、ワキ毛処理は多くのムダ毛との闘いですから、しっかりと対処しないと、黒ずみが残ってしまったり、きれいに脱毛しきれなかったという状態になります。
では、どんな方法が適しているかと言うと、やはり表面だけの処理ではなく、毛根にまで影響を与える方法がお勧めです。というのも、ワキガの予防や改善にもなるし、また生えてきて処理しての繰り返しがない確実性も高いからです。
ワキ毛は毛穴、つまりニオイの窓口でもあります。ワキ毛があると、汚れなどのニオイの原因も貯まりやすくなり、ワキガとなってしまうことが多いです。それを、なくすことができる電気脱毛なら、ワキ毛の処理もできて、ニオイが発生しない環境に整えることもできます。
最近ではサロンはもちろん、自宅でも簡単に本格的なワキ毛の処理ができる器具もたくさん出ています。これを活用すれば、見た目もニオイもすっきり、きれいになれます。ワキ毛の処理はニオイのエチケットとしても重要なのです。